マルチリンガルの私が英語よりも子供に教えたいこと

ブログ
子供がいるのでよく
「お子さんには
英語で喋りかけているんですか?」
とかの、英語の教育について質問されるのですが
そんな気持ち悪いことは…していません。
完全に日本語で喋りかけています。

私の母国語は日本語で、そのほかの言葉は
私が選択して使っている言語です。

必ずしもそれが私の子供にとって必要か
わからないですよね?

だから子供に私の自己満足で
「外国語をおしつける」ことはしません。

さらに私は私は通訳の現場で
「ダブルリミテッド」
母国語も日本語も喋れない人たちを見てきました。
子供は環境で外国語を自然に吸収して学ぶ
と、いう思い込みで、子供を複数言語の環境に放り込んで
親が全くフォローしないことの怖さ。

私はそれをよく知っているので子供をインターナショナルスクールに入れて
一安心だとも思いません。

いくら外国語が喋れても知識や教養が空っぽだと
何の意味もないのです。
将来、私の子供が私に質問するかもしれません。
何のために勉強するの?
何のために外国語を勉強するの?
勉強するのは、自分で答えを導き出せる力を持つため。
そうでなければ、霧の中を歩くように、不安で猜疑心で心が潰されそうになりながら生きるしかない。
だから、知識を持って、多様性を知って、人生で次々に襲いかかってくる問いの、答えを見つけながら生きて欲しいと思うから。
外国語は、お土産。
親の役目は、自分の子供が私の手元を離れる時に、どれだけのお土産を持たせてあげられるかだと思っていて、それは技術や特技、知識かもしれない。
私が直接教えてあげられるのは、私の持っている知識だから、主に外国語になる。でも、外国語を持って社会に出たら、珍重されて、仕事もある。食べて行くのに困らないのを知っているから、せめてものお守りに、お土産として少なくとも3つの言語は持たせてあげたいと思っています。
他の人からの賞賛のためじゃない。じぶんのこどもが少しでも困らないように。そう思う親心。受け取ってもらえるか、そしてそのお土産を喜んでくれるかどうか、今はまだわからないけれど。
でも実は、私は子供の外国語教育よりも
地理・歴史・一般常識といった「日本人としての基礎知識」
を、どう学んでもらうかそれをいつも考えています。

何処の国の言葉を流暢に喋ろうと

「日本で育った日本人」という事実は一生変わらないですよね。

私自身、日本についての知識が空っぽの状態で海外に飛び出して、

行く先々で聞かれるのは

日本の文化。
日本の歴史。
日本の地理。
いくら英語が喋れても、自分の国のことさえ何も答えられない自分が
本当に恥ずかしかったです。
ヨーロッパの人は自分の住んでいる町が首都から何キロとか、
人口が何人くらいとか、すごくよく知っていて衝撃でした。

それに、日本特有の文化って説明しにくいんですよね。ヨーロッパの文化圏が近い国同士だと共通の文化や習慣があったりするので説明しなくても分かり合えるのに、島国日本は文化も言語も独特です。

ヨーロッパに人たちは自国の歴史をよく知っていて、文化をよく説明してくれました。
それに対して、私だけではなく、われわれ日本人は何も答えられませんでした。

唯一共通の話題「マンガ」もポーランド人マンガオタクの話についていけなくて
撃沈。なんてこともありました。

なんせ、日本の知識がなかった。
実は自分の「英語でテンパった経験」を洗い出していくと、
圧倒的に日本関連のことが多いです。
祝日について説明できなかった
お祭りについて説明できなかった
日本でのモノの値段を言えなかった
最近では、日本好きの外国人も多く、凄いキラーパスが飛んできたりもします。
「なぜ日本はまだ同性婚ができないの?」
「なぜ日本の主食はお米なの?」
「日本と中国の関係は?」
簡潔に説明できますか?
難しいですよね。
まずは日本語で、です。
日本語で、母国語で理解できていないものを外国語に変換することは絶対に不可能です。
なので、必要なのはまず日本語で日本の知識を仕入れるコト。
「英語でなんていうの?」は、その後です。
多くの「外国語が好き」、「外国が好き」な人が犯してしまう間違いは
日本の文化・地理・歴史・一般常識の知識を軽んじてしまうこと。
そして私は日本の文化や伝統、そして日本語を子供たちの世代に出来る限り
残していきたいと思うんです。
そのためには英語教育の低年齢化は少し違うんじゃないかな
と、私個人は思っています。私は日本の言葉や文化が大好きなので
大切にすべきは外国語の能力じゃなくて
日本人としての「軸となる教養」だと思うんです。
そして今の日本人もそれが圧倒的に足りない。
そしてこれは、もはや学校では教えてくれない。親が教えるしかないことなんです。
英語を喋れることも大事です。でも、ただ喋れるだけじゃ翻訳アプリと大差ないんです。
(あれを翻訳と呼ぶのは「翻訳」への冒涜です。あれは単語変換器…このことは別の機会に詳しく…)
私は、ただ英語が喋れる人じゃなくて日本を背負って海外で戦える人に増えて欲しい。そう思っています。
ナショナリズムじゃなくてね。
日本についての知識をアンテナを張って収集してみてください。
最近3回くらい繰り返して読んだ歴史の本
『超現代語訳・戦国時代』

私みたいに歴史に興味があるのに理解できなかった人に超おすすめ!

書いてるのは芸人さん。つまり、プロのストーリテラー。
登場人物が多くて、名前も難しい戦国時代を、頭の中で絵が浮かぶように説明してくれています。
凄くわかりやすいので歴史に苦手意識を持っている人にこそ読んでいただきたいです。
色気のないことを言うと、これと合わせて山川出版の日本史の教科書と資料集を購入して合わせて読むと、もう完璧です。
歴史は文化や文学、言語などと密接に関係があるから芋づる式に興味が沸いてくる。
歴史も、英語も、学校教育で興味がそがれる。
ツールとして義務的に、忘れることを前提で習得するのではなくて、子供のころから楽しみながら学べたら日本の底力は上がると思うのにな。

 

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA