【衝撃】会話の恐怖を減らすたった一つの方法

「本を読んで、考え方を変えなければいけないことは理解できました。
   でも、やはり知らない人と話すのは相手が日本人であっても緊張するし、怖いし、
   なかなか最初の一歩が踏み出せません。」

という質問をいただきましたので、その質問にお答えします。

外国の人とファーストコンタクトの際、まずすることは
自己紹介

ですよね?


全く知らない初めてあった人、
緊張して当たり前、何を喋ったらいいんだろう…

Hello!
Nice to meet you! My name is…
それだけ言ったら自己紹介終了‼
…っていかないですよね。
会話は続きます。

しかし、自分の名前を言い放った後、実ははノープランだったりしませんか?

そのあと、どんな話題が出てくるか、
相手の英語が聞き取れるのか
どんな話題が出てくるか

ドキドキしますよね。
その自己紹介の後の会話ができなくて、もう撃沈…

さらに緊張・自己嫌悪・パニック…
情緒不安定状態では知ってる単語もぶっとんでえらいこっちゃ…


そんな経験ありませんか?
もしくは、そんなことを想像して外国人の人に声をかけることに二の足を踏んでいたりしませんか?

英語に自信が無いにもかかわらず、

何の戦略も無く会話に飛び込むのは

自殺行為以外のなにものでもありません…



自己紹介の後の会話をスムーズにする方法を今日は皆さんに伝授しましょう‼

まず、考えてみて下さい。

あなたは英語に自信が無い。
相手がどんな話題を繰り出してくるかわからない。
さらに、聞き取れる自信が無い…
腰が引けて、向こうからの会話を待つばかり。
じゃあどうすればよいのか?

凄く簡単です。
あなたが会話の主導権を握り、
あなたが話題を提供する側に回ればいいのです‼

あなたが自分の得意なフィールドで戦うことができたら、
あなたにとってかなり有利になりますよね?

「会話」の時に、多くの人がノープランで話をすることが多いのですが、
そこを変えます。
バスッと一発解決法は
自分の自己紹介のシナリオを作ってしまうこと



自分の名前とNice to meet you だけで自己紹介が終わるわけはないという事実をまずは受け止めて、
長めの自己紹介、つまり、自分の自己紹介のシナリオを作って暗記してしまうのです‼
ファーストコンタクトで撃沈していた人たちが、この方法で100%‼
会話に対する恐怖心が無くなりました。

自分でガンガン話せるし、自分のこと、自分が興味を持っていることを話せるので
相手を自分のフィールドに引きずり込むことができるのです…‼

 

伝えたいことがある人が、より多くの相手の興味を引く情報を提供する人が
会話の主導権を握ることができます。

つまり、自己紹介に色々な情報を盛り込むことで、結果的に会話の主導権を握れるのです。

さらに、自分が喋りまくって場が温まったところで相手の話を聞くと

自分も少し落ち着いているので、集中力は上がるし、

相手の言っていることが100%聞き取れなくても、
自分に関すること、自分がよく知っていることならば、
キーワードさえつかめたらなんとなく答えられます。

さらに、長めのシナリオを作っておけば、たとえ途中で話の腰を折られても
また途中から簡単に復活できます。

通訳で商談などに入る時には、まったく英語ダメ!っていう人でも
自己紹介は無理やり覚えてもらいます。

自分のことをよりよく知ってもらえるので、
たとえビジネス関連の時に通訳挟んでいても、自分のことだけでも話せたら仲良くなって
成約率が高くなるのを真横で何度も見ました。
☆課題☆

今回の課題は、自分の自己紹介のシナリオを書くことです。
最低、500文字くらいは書いてください。
日本に関する知識が全く無い相手に自分のことを話す前提で書いてください。
・名前(苗字・名前の由来、どう呼んでほしいか)
・出身地(日本の中でどういう場所か)
・今住んでいるところ(出身地と違うならその理由)
・職業(以前の職業も)自分でビジネスをやっている以外は、役職はいらないです。
・特技(はじめたきっかけ、あなたの人生にどう影響を与えたか)
・興味のあること(最低5つ)

あなたの自己紹介を、SLMC (システマティックランゲージメソッドクラブ)のグループページに書き込んでください。

このグループページはメルマガの無料プレゼントになっているので、

登録がまだの方は登録ページへGO!!
後ほどそれを翻訳してもらい、私が添削しますので、

まずは、日本語で書きこんでみて下さい。

私がそれを、外国人に伝わりやすい内容に添削します。
パソコンやスマホでも、メモやWordに一度メモしてからコピペして書き込むと
後で翻訳する時に便利です。

自己紹介のシナリオがあるだけで、
あなたの英語への苦手意識が半分以上減り、相手に良い印象を与えられます。

相手が何を言い出すのかビクビクせずに会話の主導権を握り、
自分のペースで快適に話ができます。

そして、たとえ暗記であっても、自己紹介ができるだけで相手との距離が近づき、
全く喋れない人からは尊敬のまなざしで見られ、

自分の情報をたくさん与えることで外国人と仲良くなるきっかけを作ることができます。

上手な自己紹介ができて、会話の主導権を握るコツを習得すると
合コンでめちゃくちゃモテるようになったという生徒もいました…笑
良いことだらけなので是非、課題を提出してみて下さいね!

 

saeki-blog-footer2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です