子どものバイリンガル教育でやるべき3つのこと

今日はここ数日で一番多く寄せられた質問にお答えしようと思います。
「子どもには英語くらい喋れるようにしたいんですが、マイコさんはどうしていますか?」

「先生は自分のお子さんに外国語教育をしていますか?」

「どうやったら子供が楽にバイリンガルになりますか?」

「マイコさんは何語でお子さんに喋りかけているんですか?」
みなさんは英語の重要性をわかっていて、自分が喋れないからこそ

子供には英語を喋ってほしいと思っているのです‼
自分が苦労してできなかったから、子供にはせめて英語が喋れて

より多くの可能性、よりよい職業をもって世界を股にかけて国際人として活躍してほしい‼
そのためには海外で暮らしたり、

子供をインターナショナルスクールに入れたりしなきゃ無理なのかな?
でも、お金かかるし、非現実的…
もう小学生になってしまって出遅れた‼

もう私の子供はバイリンガルにはなれないの?
子供のことは、自分のことよりも心配になりますよね。
でも、安心してください。

おうちでも簡単に、あまりお金をかけずにできます。
私が実際に自分の子供にやっていることをお伝えしますね。
まず、親が興味をもっていること、好きな事は子供も好きです。
私は本を読むのが大好きで、

仕事柄、何冊もの本とにらめっこしながら仕事をすることもあるのですが、

10ヶ月の子どもも仕事をしている私の横で、自分の絵本を引っ張り出してきて、

私のまねをして何冊も絵本を広げて難しい顔をしてにらめっこをしています。
親がしていることは、子供も真似してみたくなるものなので、

まず、あなたが一生懸命英語を勉強してください。

外国人と少しでも話せる機会があればトライしてみてください。
そうすると、「英語を勉強することって面白そう‼」

と、こどもが興味を持てくれます。
そして、私は子供の本のレパートリーに

英語・フランス語・スペイン語・日本語・ポルトガル語の本を入れています。
子どもは、どの絵本も読み聞かせると喜ぶし、絵を楽しんでいるみたいです。

海外の絵本は日本のものとは少し違う風合いの、絵がきれいなものが多いです。
さらに、私と一緒に外国語のテレビや映画を見て、音楽を聴いていますし、

私は子供に英語・フランス語・スペイン語そして日本語で絵本を読み聞かせます。
すでに日常生活で一番使う日本語と、その他の外国語で喋りかけた時の子供の反応が違うので、既に言葉の違いは理解しているようです。
このように、外国語を日常生活の隅々にちりばめています。

自然と興味を持ってくれることを期待して。
子どもの時の体験、特に幸せだった・楽しかった経験はポジティブなものとして子供の中に刷り込まれます。
一緒に本を読む時間、一緒に遊ぶ時間に外国語をちりばめることは、私は自分の経験から有効だと思っています。
私の母も外国語の勉強をするのが好きな人です。
私たちが子供の頃、母は私と妹と一緒に楽しみながら英語の本を読んでくれて、

セサミストリートを一緒に見て、小さいころから外国語の世界を私たちに見せてくれていたので、

私も妹も自然に外国語に興味を持ち、
姉の私は5ヶ国語を喋る通訳・翻訳家、

私の妹も大学で英語を教えています。
保育園や幼稚園で英語教育・インターナショナル幼稚園、最近流行っていますが、

私のリサーチ結果では、通っているときは歌を覚えたり、単語を幾つか言えたりしますが、

小学校の頃には結局全て忘れ去って終了~みたいです。
アウトソーシングよりも、親の力、影響力の方が圧倒的に強いし効果的です。
早くから始めることに意味があるのではありません。

早くから英語教育を始めて、いかに「親が努力して」楽しく継続させるか、

に全てがかかっていると思います。
インターナショナルスクールに入れたから喋れるようになるわけでもないのです。

インターナショナルスクールに入って、英語も微妙、

日本語の敬語は使えないし、読み書きもできない、という人もたくさん知っています。
私は、日本語の軸をしっかり作ってあげることが非常に大事だと思っているので、

子供には基本的に日本語で喋って、日本語の絵本もたくさん読んであげています。

そして、私が自著の中に書いているのですが、

https://www.amazon.co.jp/dp/B01M1IV6PI
外国でも通用する思考の組み立て方のシステムを知らなければ

いくら発音が良くても、文法をよく知っていても、コミュニケーションが取れません。
小さいころからコミュニケーションのシステムを理解しておくことで、

日本人とでも外国人とでも、臆さず会話ができるメンタリティーが作られるのです。
そして、そうすることにより、親の顔色だけ見て育つ子供…ではなく

親子のコミュニケーションもスムーズになり、

自分の気持ちや考え方をキチンと表現できるようになるので、

自己肯定感をしっかり持った、精神的にバランスの良い子供に育つのです。

子供に無理に教えるよりも、子供に自分が楽しんで外国語を勉強している姿を見せること、

一緒に楽しんで勉強することが一番効果があると思います。
そして、日本語でも子供ときっちりとコミュニケーションを取っていくこと。

こどもにきっちりと自己表現をすることを教えてあげること。
これを機会に、子供と一緒に楽しんで英語の勉強を始めてしまえばいいのです‼‼
さらに、

語学にはリズム感や耳の良さも関係があるので、

子供の頃に音楽をやっていた人が特に発音がいい人が多いです。
別の機会に詳しく説明しますが、外国語にはそれぞれ、その言葉のリズムがあります。

そのリズムが母国語に引っ張られてしまうと、本当に変な感じに聞こえてしまうんです。
ロックを盆踊りのリズムで演奏するカンジ?

演歌をサンバのリズムに乗せて演奏するカンジ?
よくマンガで出てくる外人さん「ワタァーシワァー」

みたいになっちゃうのです。
音楽をたくさん聞かせて、子供と一緒に踊ったり、手拍子したりしてみてください。
ここでおススメ絵本を紹介します。

英語の子供向けの本はよくできていて、子供の耳に心地よいように

リズミカルなフレーズのものが多いです。
ちなみに、私の子どもの一番のお気に入りは

“Polar Bear, Polar Bear, What Do You Hear?”

という絵本。
「はらぺこあおむし」の作者、エリック・カールさんが書いた

カラフルな動物たちは子供の目を引きますし、アマゾンで購入できます。
この絵本は言葉のリズムを意識して書かれています。

英語のリズムを体に染み込ませる為に、何度も繰り返し読むといいです。
でも、発音やリズムが分からない…

そんな方にはこんな動画があります!

“Polar Bear, Polar Bear, What do you hear?”

の英語朗読フルバージョンが英語で聞ける動画‼

これで発音の練習までできてしまうのです!


子どもがバイリンガルになれるかどうかはあなたにかかっています‼‼
さあ、これを機会にお父さん・お母さんも英語の勉強を始めちゃってください‼

勿論、おじちゃん、おばちゃんでも、おじいちゃんでもおばあちゃんでもいいです。

英語で本を読んで、おしゃれな英語の絵本を見せてあげて下さい。
一緒に音楽を聴いて、楽しんで踊ったり、手拍子したりしてください。
こどもに「〇〇ちゃんはどう思う?」

「〇〇ちゃんはどうしたい?」
と、自己表現する機会を日常的に作ってください。
そして何より、まずは日本語で、

子供に本を読んであげて下さい。

たくさんたくさん読んであげて下さい。

子どもが豊かな日本語を喋れるように。
そして、せっかくアマゾンで絵本を買うのなら、

こちらのリンクからアマゾンに入ってみて下さい。

https://www.amazon.co.jp/dp/B01M1IV6PI
あら、どこかで見た素敵な本の表紙ですね~‼

有名なデザイナーさんがデザインした表紙だそうですよ~‼
まだご購入いただいていない方はポチット押してみて下さい。

99円キャンペーンあと一週間ですよ~‼
絵本はタイトルをコピペして探してね‼
とはやっぱり言えないのでリンク張っときます…笑

https://www.amazon.co.jp/Polar-Bear-What-You-Hear/dp/0312513461
私の子供の外国語の習得の様子も皆さんの参考になると思うので、

引き続きレポートしますね‼
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Maiko Saeki Official Website

http://maikosaeki.com

mail@maikosaeki.com
【電子書籍】

『喋れない』が『喋れる』になる

システマティックランゲージメソッド

~英語はシステムで学ぶとうまくいく!~

https://www.amazon.co.jp/dp/B01M1IV6PI

 

saeki-blog-footer2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です